お産が出来る病院、出来ない病院。中目黒の育良クリニックへ。

■現在の状況
妊娠7週目(2ヶ月目)
胎児:9ミリ
■前回のお話
妊娠出産の知識がない僕たち夫婦は、書店で専門書を買って勉強しました。

妊娠を調べてもらった産婦人科、あんどうレディースクリニックさんでは、お産が出来ないそうだ。なるほど、産婦人科といっても色々あるんだな。

そうすると、先日行った産婦人科で出産が可能な病院を紹介してもうか、もしくは、自分達でお産が出来る病院を調べないと行けない。僕たちはまず、自分たちで病院を探してみることにした。

ナミがパソコンで色々検索した結果、自宅から近くて、雰囲気も良さそうな、東京・中目黒にある「育良クリニック」を選び出した。

サイトには、『安全な環境のもとでの自然分娩』と、病院の理念が書かれている。

産婦人科によっては、すぐに帝王切開を行ったり、陣痛促進剤をよく使ったりといった病院があると聞いた事があるが、育良クリニックはそういうのでは無いだろうという印象。ちなみに、ここで言う安全な環境とは、『自然分娩が難しい時、緊急にも対応できるバックアップ体制(医療介入など)を整えている』と、という事らしい。

うん、なんとなく良さそうだ!

医療法人社団 晴晃会 育良クリニック -産科・婦人科-

 

さて、迎えた育良クリニックでの初診。
土地柄か、セレブ感ありまくりの高層ビルに圧倒される。

ナミの診察には僕も同席したのだが、初診ということもあってか、理事長、院長先生とも挨拶に来て頂いた。すごく感じの良い先生だ。特に、院長先生は熊本のゆるキャラ「くまモン」っぽい雰囲気だった(スイマセン、親しみを感じるという良い意味で!)

現在、妊娠7週目。
昔の言い方では妊娠2ヶ月目とのこと。

今は妊娠○ヶ月ではなく、妊娠○週目と言うんだな。

で、経過は順調。
次の診察は2〜3週間後と決まりました。

その頃まで来れば、流産の心配もだいぶマシになるので、母子手帳の申請をして良いみたい。「流産する? しない?」は、もうこれはどうしようもないらしく、「神のみぞ知る」と言った具合なんだそうだ。

やっぱり高齢の方が、流産する割合も高いみたい。

 

とにかく、無理な運動や仕事、お腹を冷やすのは避けておきたいな。

ナミちゃん、微熱続きやのに文句も言わんとえらいなぁ……。

つわりは今のところ無くて良かった。「オエッとかならなくて良いのかな?」と思ったけど、それは個人差あるので全然問題ないと、院長先生。

ちなみに、現在赤ちゃんは9mm程度みたい。「胆のう」いう赤ちゃんが入る袋ができたそうだ。

がんばれ、ナミちゃん!

■パパやる関連記事(次の記事)
母子健康手帳(世田谷区)
妊娠9週目で役所へ妊娠届け。初めての母子手帳を手に入れる