Shupatto Lサイズを男性が徹底レビュー! レジ袋の代わりになる、便利なエコバック

982

スーパーなどのレジ袋が有料になり、エコバックを買わないといけない。でも、何が良いんだろう?

パパやる
そんなあなたに、圧倒的におすすめしたい「Shupatto(シュパット)Lサイズ」をご紹介&レビューします!

Shupatto(シュパット)Lサイズ を持つ女性

経済産業省より
令和2年7月1日より、全国でプラスチック製買物袋の有料化を行うこととなりました。これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが本当に必要かを考えていただき、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。ポスター「レジ袋削減にご協力ください」

Shupatto(シュパット)とは

Shupatto(シュパット)は、「世界の暮らしに もっと笑顔の瞬間を」の理念を掲げる、1872年(明治5年)創業の株式会社マーナがつくったバック・エコバックです。

同社は新潟県長岡で創業し、まもなく東京・浅草に進出。明治・大正時代より「名児耶刷毛製作所」としていましたが、昭和58年に社名が今の「株式会社マーナ」となりました。マーナは、日本の老舗モノづくり企業です。

そんなマーナがShupattoを作ったのは、こんな経緯からです。

主婦
エコバッグってうまくたためない
夫
めんどくさい

そんな声を聞き、マーナはこう考えました。

たたみやすいバッグってなんだろう?




\シュパット!/

Shupatto(シュパット)のたたみ方

パパやる
すごいっ!

Shupatto(シュパット) ラインナップ 様々な種類がある

Shupatto(シュパット)には、たくさんの種類があります。サイズ、色、柄……。

どれを選んでもシュパッ!と便利に使えるのですが、今回は、レジ袋の代わりに最適な「Shupatto Lサイズ」を、Amazonで買いましたのでレビューいたします。

Shupatto Lサイズを男性がレビュー レジ袋の代わりになるか!?

肉や野菜などの商品が入ったスーパーのレジかご

まずは、スーパーで買い物をします。

 

隣に空のレジかごを置いて、Shupatto(シュパット)Lサイズを装着

会計を済ませたら、隣に空のレジかごを置いて、そこにShupatto(シュパット)Lサイズを装着します。ちょうど良いサイズなのです!

 

Shupatto(シュパット)を装着したレジカゴに商品を移す

そして、Shupatto(シュパット)Lサイズを装着したカゴに商品を移し替えます。

 

Shupatto(シュパット)の紐を引っ張る

Shupatto(シュパット)のサイドにある紐を引っ張り上げます。

 

Shupatto(シュパット)の留め具

そして真ん中にある留め具をパチンととめます。

 

Shupatto(シュパット)Lサイズを持つ男性

ほら、バッチリ!
僕(男性・175cm)が持った感じです。

 

レジカゴにいっぱい入った商品

別の日、レジかごほぼ一杯分の買い物をしました。

 

Shupatto(シュパット)Lサイズに移し替えます

同じように隣に空のレジかごを置いて、Shupatto(シュパット)Lサイズを装着して、商品を移し替えます。

Shupatto(シュパット)Lサイズに商品が入った状態

Shupatto(シュパット)Lサイズは、ちょうどレジかご満タン分が収納できました。

 

Shupatto(シュパット)Lサイズ サイズ・容量・対荷重

Shupatto(シュパット)Lサイズのサイズ

  • 耐荷重
    15kg
  • 容量
    31.4リットル
  • サイズ
    約50×38cm(バッグ使用時)
    約φ7.5×10cm(折りたたみ時)
  • 材質
    ポリエステル
パパやる
Lサイズは、スーパーでのお買い物にバッチリなサイズでしょ!

Shupatto(シュパット)Lサイズのメリット・デメリット

Shupatto(シュパット)Lサイズ 商品外観

さて、Shupatto(シュパット)Lサイズをもっと知りたい方のために、実際に使ってみて感じた、メリット・デメリットをお伝えします。

 

Shupatto(シュパット)Lサイズ 女性が使用しているところ

あ、その前に。

女性が持つとどんな感じになるのか? 小ぶりのボストンバッグを持っているような雰囲気になります。レジ袋を持っているより、見た目も断然おしゃれですよね!

 

Shupatto(シュパット)Lサイズ 女性が手に持っているところ

ちなみに、Shupatto(シュパット)Lサイズ をたたんむと、手のひらサイズになります。

 

Shupatto(シュパット)Lサイズ の本体重量を計りで測っているところ

そして重量を測ってみると……本体重量は155gでした。

小ぶりの人参、もしくはきゅうり1本半分の重さです。

 

Shupatto(シュパット)の使い方

Shupatto(シュパット)は、広げるのも、紐を引っ張るのも、シュパッとたたむのも、簡単です。

それでは、僕判断のメリット・デメリットをまとめました。どうぞ。

メリット
ココが良かった!

  • 小さくたためるので、バッグの中にいつでも入れておける
  • 軽いので持ち運びも気にならない
  • レジカゴにセットできるので、物が仕舞いやすい
  • デザインがおしゃれ(色・柄のバリエーションあり)
  • 丈夫
  • 肩にかけられるので、手で持つより楽
  • 透けていないので中身が他人に見られない(買い物をしたのが一見バレない)
デメリット
ココが悪かった

  • たくさん買い物すると、女性だと重いかも
  • バッグいっぱいに物を入れると、自転車の前カゴに入れづらい(入らない)

デメリット解消法

レジ袋だと2つに分けて、両手で持つことができますが、すべてをひとつのShupatto(シュパット)に入れれば、当然重くなってしまいます。

また、自転車の前カゴに入れ辛くなるのも同様です。レジ袋だと、ひとつは前カゴ、もうひとつはハンドルのかけることができますが、それができません。

でもこれは、Shupattoに限らず、どのバッグ・エコバックを使おうとも同じなのです。

パパやる
多い日は、2つに分ける!

解決方法は、ズバリこれしかありません。

「今日はたくさん買うぞ」と思う日は、バッグを2つ持っていきましょう。

サブバッグは特にShupattoじゃなくても良いのですが、Shupattoには別サイズもあるので「Mサイズ」もしくは「Dropタイプ」も持っておくと便利です。

これでデメリットは解消できるでしょう!

Shupatto Drop

Shupatto(シュパット)Lサイズの色と柄

僕はネイビーを使っていますが。Shupattoにはたくさんの色・柄があります。ぜひ、お好みのひとつを選びましょう!

パパやる
妻・母の日のプレゼントにも良いですね!

コメントを書く

ここにコメントを入力してください
ここにあなたのお名前を入力してください(本名でなくてもOKです)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください