トイレにまつわるウイルス感染のはなし。公衆トイレのシャワートイレはこんなに危険!

先日、1歳7ヶ月の息子に「下痢」と「熱」が1週間ほど続き、なかなか大変でした。保育園内で胃腸炎が流行し、それが感染したのだろうと思います。

病院では、はじめての血液検査をしました。指先を針でチクっと刺して、そこから出てくる血液をストローのようなもので採取。1分間くらい指先から血を搾り出していたので、ちょっとかわいそうでした。

血液検査の目的は、「細菌感染か? ウイルス感染か?」を調べるため。結果は、ウイルス感染でした。細菌の場合は、抗生物質を使わないと退治できないそうですが、ウイルスの場合は免疫力でやっつけるしかない、とのこと。

ということで、息子には整腸剤(ビオフェルミン)が処方され、ゆるゆると1週間ほどかけて、ほぼ自然治癒しました。

ウイルス感染、怖いですよ! うちの嫁さんも感染したのか、軽症でしたが微熱と下痢が発症し、2〜3日続きました。

トイレにまつわるウイルスの話。

洗浄と殺菌のはなし (ビジュアル図解)
洗浄と殺菌のはなし (ビジュアル図解)

少しウイルスについて勉強しようと、こんな本を読みました。サクサクっと読めて、とてもわかりやすい良い本です。

本書のなかで気になった「トイレの話」があったので、少し紹介します。

そもそもウイルスは、咳やくしゃみで飛散し、それを他の人が吸い込むことで感染します。子どもの場合は食べ物や箸などの食器を介することもありそうですね。他にも、ウイルスが手に付着した状態で、あちこち触り、その物質を経由して他人に感染することもあります。

そんな、人から人へと感染してゆくウイルスですが、シャワートイレ(ウォシュレットなど)で感染することもあるそうです。

公衆トイレのシャワートイレは使わない方がいい。

シャワートイレを使っている方、水圧はどれくらいに設定していますか? 優しく使いたいので「弱」、きつく当たらないと洗った気がしないので「強」。人それぞれ、好みがあるかと思います。

しかし、ウイルスという観点から見た場合、「強」の人は大迷惑!

なぜなら、強い勢いでシャワーを当てることによって、便の中にあるウイルスが飛び散り、便器やシャワーノズルに付着します。ひどい場合は、ノズルに便そのものが付着する可能性もあります。ノズル洗浄機能もありますが、基本的にはウイルスまで殺菌してくれません(除菌機能が搭載されたモデルもあり:参考「きれい除菌水」)。

次の人が使ったとき、シャワーや便器を通じて、ウイルスが感染してしまうのです。

ゾッとしますよね。自宅でも注意は必要ですが、公衆トイレは不特定多数が利用するので、ウイルス感染者が「強」でシャワーを使う可能性があります。ですので、公衆トイレでのシャワーは、使わない方が良さそうです。

病院ではどうしてるんだろ?

ちょっと気になったので検索してみると、こんな女医のブログ記事を見つけました。


入院患者さんにも温水便座の使用を禁止し、傷口を洗いたい場合には一人一つずつ個人専用の携帯用おしり洗浄器をお渡しするようにしたんです。

そしてうちの診療所内のウォシュレットは次亜塩素酸ナトリウムで殺菌してます。

ノロウイルス対策で始めたことなのですが、季節を問わず、便器や温水便座の清掃には次亜塩素酸ナトリウムを使用しています。

でもね・・・

一人が使用する度に次亜塩素酸ナトリウムで清掃・殺菌しないと本当の意味で感染を防止することは出来ないんですよ。

病院のウォシュレットは安全か?:みのり先生の診察室 より一部引用


 

やはり病院は、シャワートイレが院内感染の経路となる恐れがあるとして、対策がとられていたようです。これは一例ですので、すべての病院が同じとは限りませんが。

トイレでウンチをした場合、通常、ウイルスはどこに付着するのか?

また、本「洗浄と殺菌のはなし」の話題に戻ります。

本書に「トイレ後のウイルス感染」という項目があります。そこで、トイレで大便をした場合、どのようにしてウイルスが付着するのか? が書かれていました。

  1. お尻を紙で拭く(手に細菌やウイルスが付着する可能性大)
    シャワートイレのあとのティッシュも同じ(濡れたトイレットペーパーの場合、ノロウイルスだと30枚くらいは通過できる)
  2. その手で、ズボンをあげる。
    ファスナー、ベルトにウイルスが付着する。
  3. その手で、トイレの個室のドアを開ける。
    ノブや鍵にウイルスが付着。
  4. 手洗い場で、手でひねる蛇口の場合は、蛇口にウイルスが付着。
  5. 石鹸が入った容器にもウイルスが付着。

こんなにも広がってしまうそうです! またも背筋がゾゾっと……。

そのため近年は排便後、個室内で手洗いができるような設備にすべきではないか、と言われているそうです。

最後に。

ウイルスは他人に感染させてしまう、ということを日頃からしっかりと意識して、自分自身が感染拡大しないよう注意すべきです。大人の場合、すでに免疫ができていて、ウイルスに感染しても発病しないこともあります。自分自身が知らない間に、ウイルスを広めている可能性があるのです。

あまり過敏になりすぎるのも疲れてしまいそうですが、ある程度、できる範囲での注意はしてゆきたいですね。