日本で最も沢山の赤ちゃんを出産した病院は?

と聞かれると、東京、神奈川、大阪といった都心部の大手総合病院かと思いがちなのですが、答えは九州・熊本県熊本市にある福田病院なんだそうです。

熊本市の出生数は、平均的におよそ年間約7,000人なのですが、福田病院では年間3,400人の赤ちゃんが誕生しています。なんと市内で生まれる赤ちゃんの半数近くが、同じ病院で生まれているのです。すごい割合ですね!想像以上でビックリしました。

福田病院の分娩は予約不要! いつでもドンと来い体制。

どんな病院なのかと福田病院のウェブサイトを見てみると、いきなりトップページに「里帰り分娩をご検討の方へ。福田病院では、分娩の予約は必要ございません」の文字が。

……え?! えっ?えっ??

旅先などで予定外に破水して急遽近隣の産婦人科に駆けつける、なんて事はあり得ますが、レギュラーで予約不要で分娩(出産)が出来るなんて! 一般的には、病院の受け入れ数(定員数)に限りがあるので、早めに予約を求められると思うのですが、このいつでもドンと来い体制はスゴいですね!!

しかも、分娩の案内ページには「当院では分娩に必要なものは用意 しておりますので、その他に入院にあたって準備していただくものはありません」の説明書きが。

なんと!!!手ぶら出産!

病院へは、母子手帳、保険証、そして元々通っていた産婦人科の紹介状を持参の上、福田病院へ行けば出産できるという手軽さ。というか、受け入れ態勢の素晴らしさ。凄すぎる。熊本市周辺の妊婦さんにとっては、福田病院は随分頼れる存在なのかも知れませんね。

そんな福田病院を、NHKが密着取材したそうです。NHK総合「ドキュメント72時間」という番組で、出産を迎える家族の視点でのドキュメンタリー番組が放送されます。1日平均10人、年間3,400人もの出産が行われる病院待ち合い室のリアルなドラマ。ぜひ、見てみたいですね!

福田病院番組内容(NHK総合 番組ウェブサイトより)

■関連リンク
NHK総合「ドキュメント72時間」

様々な3日間を切り取るドキュメント72時間。今回の舞台は熊本県にある、出産数日本一の産婦人科。急な早産や高齢出産。待合室で新しい命の誕生を祈る、家族たちの3日間。

1年間に3,400人。くまモンでおなじみの熊本県に、日本一の出産数を誇る産婦人科がある。昼夜を問わず襲う陣痛と闘い、こん身の力で新しい命を産み落とす母親たち。番組はそんな病院の待合室にカメラを設置、誕生を待ちわびる家族たちの声に耳を傾ける。緊張と感動のあまり廊下で涙を流す若い父親。新しい家族の出現に戸惑う小さなお兄ちゃん。母親を見守ることしかできない、しかし、懸命に誕生を祈るそれぞれの家族の物語。

<放送>
1月9日金曜 午後10時55分~11時20分(一部の地域を除く)

<再放送>
1月12日月曜 午後4時05分~4時30分
1月16日金曜 午前11時05分~11時30分(一部の地域を除く)