黒板と先生。「子供、子ども、こども、コドモ。どっち?」

本サイト「パパやる」では、こどもの表記を、長らく「子供」としていました。しかし、少し前の記事より「子ども」と表記を改めています。

実はこれ、どれが正解で、どれが不正解という訳ではありません。子供、子ども、こども、どれも正しいのです。

ではなぜ「供」を巡って、世間では表記が分裂しているのか? そして僕はなぜ、「子ども」とすることにしたのか。そこには、ライターならではの葛藤があったからなのです。

スポンサーリンク

2013年 文部科学省が公文書を漢字の「子供」で統一

パパやるを始めたのは、2013年の夏。

僕はこの頃、ごちゃ混ぜに使い分けていました。

  • 「子供」 真面目な記事のとき
  • 「子ども」 ふつうの記事
  • 「こども」 可愛くみせたいとき
  • 「コドモ」 サブカル感を出したいとき

しかし、パパやるをはじめた直後、「文部科学省が、公用文書の『こども』の表記を漢字書きの『子供』に統一することを決めた」と、新聞各社が報じたのです(参考:日本経済新聞)。

「なるほど、これは一気に広がるぞ!」

僕はそう思い、パパやるでの表記を「子供」一択に決めました。

さすが縦割り行政! 厚生労働省など他の省庁は「子ども」のままだった

ちなみに先の文部科学省は、学校基本法に基づいて運営される幼稚園、小学校、中学校などを管轄しています。教育機関では「子供」表記で統一されたということです。

では、他の省庁はどうなのか?

でたー! 縦割り行政!!

他の省庁では、まったく統一されていませんでした。保育園などを管轄する厚生労働省では「子ども」「こども」が使われていますし、経済産業省、消費者庁、農林水産省、さらには内閣府にいたっても同じです。

以下、その一例。

  • 厚生労働省「子ども・子育て支援」
  • 経済産業省「子どもデー」
  • 農林水産省「こども霞ヶ関見学デー」
  • 消費者庁「子どもを事故から守る!プロジェクト」
  • 内閣府「子ども・子育て本部」
  • 【余談】1948年、国会で祝日として制定されたのは「こどもの日」

日本の各省庁や地方自治体は「縦割り行政」と言われ、横つながりがあまりありません。縦割りは、トップダウンの運営(経営)には適しているかもしれませんが、横つながりがないと、せっかくの資産や知識が共有財産として各省庁で活用できず、非効率になりがちです。

僕は、この時点でモヤモヤとしていました。ただ、学校を管轄する文部科学省が「子供で統一する」というのだから、僕はそれにならうことにしたのです。

子育て系メディアでは、「子ども」表記を指示

さて、僕が「子供」から「子ども」に改めた理由をお話します。

僕は、本サイト「パパやる」を立ち上げた頃に会社勤めを辞め、フリーランスとしてライターや編集者などの業務を請け負うようになりました。かつて音楽業界にいたので、しばらくは子育てとは無縁でしたが、徐々に子育て業界とのつながりが広がりました。

そのうちに、ウェブや雑誌のメディアから「記事を書いて欲しい」と執筆の依頼を頂けるようになったのです。

その際、どこのメディアであって、指定の表記は「子ども」でした。

場面によっては「こども」「コドモ」も使用可能ですが、「子供」は不可です。

そこで僕は、パパやるでは「子供」、外仕事では「子ども」と、しばらく使い分けていました。しかし、世間では一向に子供表記に統一される機運が高まりません

もう、面倒だ!

僕は、書き分ける必要性を感じなくなり、また、他メディアと混乱しないよう、僕が書く記事においては「子ども」で統一することにしたのです。ただ、子ども一択ではなく、場面に応じて使い分けるつもりです。

そもそも、なぜ漢字の子供表記を避けるようになったのか?

子供という漢字があるのだから、本来は「子供」という表記が正統な気がします。ではなぜ、「子ども」表記が広まったのでしょうか。

それには、諸説あります。

【1】差別的だ! 大人に付随する「お供」ではない

子供の「供」の字は、「お供」として使えますよね。これにより、こどもは大人に付随するものである印象を与え、差別にあたるのではないかと言うことです。

【2】差別的だ! 捧げる「お供え」ではない

子供の「供」の字は、「お供物(おそなえもの)」として使えますよね。これにより、こどもが捧げるもの、貢ぐものとしての印象を与え、差別にあたるのではないかと言うことです。

【3】差別的だ! 供は複数形で軽蔑している

子供の「供」の字は、複数形ですよね。これにより、こどもをひとまとめにして軽視している、差別にあたるのではないかと言うことです。

以上、こうした理由から子供表記を避けるようになったのです。調べてみると、特に「子供」よって被害を受けた人がいただけではなさそうなので、おそらく「不快になる人がいるだろう」と忖度して、子ども表記にしたのだと思われます。

ちなみに、先の文部科学省では、子供表記は差別にあたらないとしています。

【おまけ】Google先生に聞いてみた

Googleで「子ども」と検索

最後に、世間の人はどの表記を使っているのかを、Google検索で調べてみました。その結果……

  1. 「子ども」 約2億3,900万件
  2. 「こども」 約1億2,300万件
  3. 「子供」 約6,600万件
  4. 「コドモ」 約375万件

1位は、圧倒的に「子ども」でした。ウェブメディア・ウェブライターとしては、ユーザーがより多く使っている「子ども」表記にする方が、記事としてはより多くに届けられそうですね。

また、意外にも「子供」は3位。
ひらがなの「こども」が2位でした。

漢字の子供は少数派だったのですね。

みなさんは、どの表記を使っているでしょうか? 冒頭で書いたように、どれが正解で、どれが不正解という訳ではありません。日本語って、改めて難しいですね。

【追記】allintitle: でタイトル名検索すると……

たゆたえさん(@tayutae)が、Googleの面白い検索方法を教えてくださいました。検索する際、最初に「allintitle:」を付けると、タイトルにそのキーワードが含まれている記事のみが抽出されるそうです。

そこで、「allintitle:子ども」などで調べてみました。

  1. 「子供」 約264万件
  2. 「子ども」 約67万件
  3. 「こども」 約36万件
  4. 「コドモ」 約6万件

おぉ、順位が入れ替わった。記事タイトルにおいては「子ども」「こども」より、漢字の「子供」表記が多いようです。なるほど、面白いですね! 教えてくださり、ありがとうございます。