PTAや父母会、保護者間の連絡網は何が最適? メーリングリスト、LINE、Facebook……それぞれのメリット・デメリット

PTAや父母会、保護者間の連絡網は何が最適? メーリングリスト、LINE、Facebook……それぞれのメリット・デメリット

PTAや父母会の連絡網は何が最適? メーリングリスト、LINE、Facebook……それぞれのメリット・デメリット

保護者間の連絡網って、案外むずかしいんです。

友人同士であればLINEグループが手軽で便利ですし、仕事のプロジェクトチームでのやりとりではFacebookグループが結構良い感じです。

だけど、保育園、幼稚園、小学校などの保護者間のやり取りは、そう簡単には行きません。なぜなら、みんながスマートフォンやパソコンを持っているとは限らないからです。政府が発表したスマートフォンの普及率は67.4%(2015年統計)。

3人に1人は、まだガラケー(フィーチャーフォン)なのです。

スマホをバリバリ使っている方からすれば、「まだガラケー?(笑)」と思うじゃないですか。でも、結構いるんですよ! ガラケーはネット通信費が抑えられる分、月額通信費が安いですからね。また、IT関係の仕事をしている方でも、個人情報の漏洩を恐れてあえてガラケーを選択している人もいます。

ということで、今回はガラケー、スマホ、パソコンが混在するメンバー間での連絡ツールについて考えてみます。

【比較1】LINE グループ

LINE ロゴ

スマホ :☆☆☆☆☆
ガラケー:☆☆
パソコン:☆☆☆☆

LINEはスマートフォン用のアプリとして誕生したので、スマホでの使い勝手は抜群です。パソコンでも使えますが、専用アプリをインストール&起動しないといけない、セキュリティ対策のためすぐに自動ログアウトするなどで、ちょっと面倒です。

そして一番の問題が、ガラケーです。LINEはガラケーでも使えるのですが、LINEグループに大量の投稿があったや場合、スクロールして閲覧するのが非常に面倒なのです。スマホであれば指で簡単にスクロールできますが、ガラケーの場合は、十字キーを何度も押して画面をスクロールし、そして次のページをクリック。LINEは気楽に投稿できるのでコミュニケーションが活発になるというメリットがありますが、ガラケーユーザーにとっては、その大量の投稿がデメリットになってしまうのです。

また、ガラケーにはプッシュ通知がないので、ログインしない限りグループに新しい投稿があったかどうかわかりません。(静かで良いかもしれませんが……)

【比較2】Facebook グループ

Facebook ロゴ

スマホ :☆☆☆☆☆
ガラケー:☆☆
パソコン:☆☆☆☆☆

僕はフリーランス(個人事業主)で、仕事上、いくつかのグループに属して別々のプロジェクトを同時進行で進めています。その際、大活躍しているのが、このFacebookグループ!

Facebookグループ内の投稿は、ひとつのトピックスとして独立しているので、その直下でコメントのやりとりをすることで、話題が散らかったり、LINEのように流れ去ってしまうこともありません。メンバー全員にお知らせしたいときはFacebookグループに投稿し、個人的に連絡がある時はFacebookメッセンジャーを利用します。どちらも既読が付くので、読んでくれたかどうかもわかります。

一言で言うと、超便利です!
ぜひこれを保護者の連絡網で活用したい。

……が、しかし。FacebookもLINE同様、ガラケーでも使えるのですが、使い勝手が良いとは言えません。もともとパソコン用に作られ、その後スマホ用に最適化されたサービスですので。

それ以前に、Facebookには別の重大なデメリットがあります。Facebookはプライベートな投稿をしている場合が多く、同じ保育園だからといってアカウントを知られるのが嫌……という問題です。登録内容によりますが、生年月日、出身地、出身校、友達関係などを知られるのは、確かにちょっと嫌ですよね。仲良くなってからだと良いのですが、入園していきなり「Facebookのアカウントを教えて」なんて言えません!(笑)

【比較3】メーリングリスト

Email ロゴ

スマホ :☆☆
ガラケー:☆☆
パソコン:☆☆

メーリングリストって、まだあったんだ!(笑) と思う方もいるでしょう。90年代、2000年代前半に流行った、グループ間のコミュニケーションツールです。決められたメールアドレス宛にメールを送信すると、登録されたグループ全員にメールが配信される仕組みです。

メールの送信は、パソコン、スマホ、ガラケーに関係なく、すべての端末で利用できます。ですので、結論としては「メーリングリストが端末に関係なく、みんなが使える」ということになります

ただし、メッセンジャーアプリでのやりとりが主流となっている現在において、いちいちメールでやるとりするのは面倒ではあります。

ということで、ここからはメーリングリストのメリット・デメリットについて、掘り下げて考えてみます。

王者決定! 優勝はメーリングリスト。ただしデメリットも……

ノートパソコンから大量にメールが飛び立つ画像

僕の息子(2歳)が通う保育園では、父母会の役員間のやりとり、クラスの保護者間のやりとりに、数年前からメーリングリストを採用しています。僕は今年度の父母会(保護者会)の会長をさせていただいているので、新年度の4月、前年度の役員さんにサポート頂きながら、まずはメーリングリストの準備を行いました。

これが、意外にもめちゃくちゃ大変だったのです……。

 


■大変その1 正しいメールアドレスの収集が大変!

保護者の皆さんからアドレスを伺う際、父母会の申し込み用紙に手書きでメアドを書いてもらいました。まぁ一発で全員の正しいアドレスが揃うことがない、と言えるでしょう。

  • 「.」(ドット)と「-」(ハイフン)がわかりにくい。
  • 「I」(あい)と「1」(いち)がわかりにくい。
  • 迷惑メール対策のため、非常に長いメアドにしている場合があり、本人もうる覚え。

 


■大変その2 ドメイン拒否で届いていなかった!

全員のアドレスを登録し終えたあと、「本メールの受信できたら、確認ためご返信をお願いします」と最初のメールを投稿しました。しかし、返信を頂けない方がいる。

なんとか連絡を取り合って聞いてみると、ガラケーでドメイン拒否(許可をしていない)設定だったため、届いていないことがわかったのです。

 


■大変その3 連絡が取れないから、手紙でやりとり

保護者同士、毎日顔を合わせる訳ではありません。ですので、返事を頂けない方は「届いていないのか」「返信をしていないだけかのか」がわかりません。そこで僕は、メール受信の確認に、アナログの手紙を活用しました。

僕たちがお世話になっている保育園では、園児ひとりにつき、ロッカー(鍵なし)が一つ割り当てられます。そのロッカーに、「先日メールを送ったのですが、届いていたでしょうか? もし届いていないようであれば、以下のアドレスにメールをお送りください」といった旨の手紙を入れました。

それでようやく、連絡が取り合えるメーリングリストが完成したのです。完全に揃うまで、1ヶ月弱掛かりました。(汗)

メーリングリストは、気軽に投稿・返信しづらい

名刺交換をするビジネスマン
まるで名刺交換をするビジネスマンさながら

LINEグループであれば、気軽に「オッケ〜!」「いいね!」と一言返信をしたり、「イェイ!」とスタンプだけで返信することが可能です。

しかし、メーリングリストになると、どうしても堅苦しくなるのです。

「○○様
 お世話になります。
 ……。
 以上、どうぞよろしくお願いします。
 署名」

といった具合に。

僕はそうならないように、「様」ではなく「さん」で始めたり、顔文字を使用したりしましたが、やっぱり堅い流れになってしまいます。返信もしづらいし、新しいトピックスも投げかけにくい。この辺りは、全体の空気感かと思いますが、僕はちょっと難しいな……と感じました。

ただ、同じクラス用のメーリングリストは割と気さくにやりとりできるのですが、役員用のメーリングリストはまるで仕事のやりとりのような堅さで……。^^;

まとめ

パパ、ママ! メールチェックしてる? と聞く赤ちゃん

結論しては、古いツールであるメーリングリストが誰でも使えるツールとなります。とはいえ、やっぱりLINEやFacebookに比べ、面倒くささがあります。

もちろん、この他にもサイボウズなどのグループウェアもありますが、これらは逆に敷居が上がってしまって、使いづらくなってしまうでしょう。

余談ですが、保育園の父母会の役員メンバーに、東京に本社がある日本の超有名IT企業や、アメリカのカリフォルニアに本社にある超大手IT企業に勤めている方がいます。そんなIT戦士たちがいるにも関わらず、やっぱり旧式のメーリングリストを選ぶしかないのか……と、ちょっと寂しくなります。

他に良い連絡ツールを知っている方いましたら、ぜひアドバイスいただけると嬉しいです!

【追記 2017年4月28日】1年間の任期を終えました

あなたが保育園の父母会役員になってしまったら。会長をやってわかった運営のコツ

保護者の顔と名前がわからない、役員間の空気が堅苦しくなるなど、「苦労」と「良かったこと」の両面からお伝えします。