入園前は心配だったり寂しかったりしたけど、結果的に保育園にいって悪かったことなんて全くなかった。

入園前は心配だったり寂しかったりしたけど、結果的に保育園にいって悪かったことなんて全くなかった。

英語の保育園(TMイングリッシュアカデミー)の二條実季先生。

Twitterを見ていると「息子と平日の昼間にお出掛けできなくなる」「目覚ましなしの生活が終わる」など、育児中ママによる4月の向けてのツイートをちらほら見掛けました。

そっか! いよいよ初めての保育園に入る前日なのか。

うちの息子は、今日3月31日までが英語の保育園(TMイングリッシュアカデミー)で、明日4月1日からは世田谷区立の認可保育園に通います。生後11ヶ月にして、早くも2園目です。

■パパやる関連記事
→ TMイングリッシュアカデミー(英語の保育園)お別れ会。とても良い認可外保育園でした!

はじめての保育園入園前は、不安でいっぱいだった。

うんうん、そういえば自分たちも、息子を保育園に入れる前は心苦しかったなぁ……と、人のツイートを見ながら思い出しました。

息子が保育園に入ったのは生後8ヶ月の頃。嫁さんが育児休暇を早めに切り上げて仕事復帰するために、1月から保育園に預かってもらうことにしたのです。当時の僕たち夫婦の想いを振り返ってみると、

  • 生まれてから、いや、むしろお腹にいる頃から毎日24時間ずっと一緒だったのに、はじめて離れ離れになるので寂しい。
  • 0歳の息子、ママがいなくて泣いてばかりにならないだろうか。
  • 3歳までは母親が育てた方が良いとも聞くし、預けるのは早すぎないだろうか。
  • 保育園では、ちゃんと愛情をもって見てもらえるだろうか。
  • 鼻水たれっぱなし、泣きっぱなし、お腹が空きっぱし、にならないだろうか。

……など。不安だらけでした。

親の心配とは裏腹に、とても楽しそうな保育園ライフ。

息子を保育園に送り届けて、離れるときに泣いたのは最初の数回のみ。数週間後には、朝、保育園の入り口を入ると、息子が「あっ!」と笑顔で声をあげ、とても楽しそうにするんです。息子にとって、保育園はテンションがあがる場所になったようです。

つい先日、嫁さんより「保育園に預かってもらって、嫌なことってまったくなかったなぁ。むしろ鼓太郎は保育園でいい刺激をたくさんもらって、楽しそうだし、活発になったし」と。ほんと僕も同意見。息子の日々のようすをみて、とても良い体験が出来たんじゃないかと感じました。

また、夫婦にとっても、「仕事」「育児」「家事」と、それぞれメリハリが出来て、気持ち的にも良かったと思います。

最後に。

子供の成長がこんなに感動するものだとは知りませんでした。しっかりとごはんを食べられるようになる、子供と一緒に遊べるようになる、保育園に置いてけぼりにしても泣かなくなる……。ほんの些細なことでも、すごく嬉しい気分になり、心がとても満たされます。

明日は、また新しい保育園。今度はどんな毎日が待ってるんだろ。楽しみです!