【イベントレポート】絵本でおなじみ福音館書店が「こどものとも」創刊60周年を記念して、東京・二子玉川でイベント開催

【イベントレポート】絵本でおなじみ福音館書店が「こどものとも」創刊60周年を記念して、東京・二子玉川でイベント開催

しょうぼうじどうしゃじぷた

本物の「しょうぼうじどうしゃ じぷた」に会いに行ってきましたよ!

みなさん、ゴールデンウィークのご予定は決まりましたか?

今回は絵本が大好きなお子さんと一緒に、ぜひ遊びに行って欲しい、超おすすめスポットをご紹介します。GW限定のイベント「福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち」です(東京都世田谷区・二子玉川)。

福音館書店の絵本は、世代をこえて読み継がれている名作揃い

イベント「絵本とおともだち」のポスター

イベントをご紹介する前に、まずは福音館書店について。

「ぐりとぐら」「はじめてのおつかい」「おおきなかぶ」など、たくさんの名作絵本を出版し続けている福音館書店(ふくいんかんしょてん)をご存知ですか? 《書店》とありますが、本屋さんではありません。子供達の本を作り続けている出版社さんです。

この福音館書店の絵本は、とにかく優しいんです。派手さはありませんが、じわりと心に響く作品が特徴です。福音館書店の創立は1952年。親から子、子から孫へと、世代を超えて読み継がれる不朽の作品がたくさんあり、絵本の最後のページに記載されている「初版年月日」と「重版の数」をみてビックリすることがあります。

僕は、わが子が授かるまで、絵本の出版社名を意識したことはありませんでした。しかし、

「あ、これ。自分が子供の頃に好きだった絵本だ」
「何気ないストーリーだけど、うちの子がすごく気に入っていて、もう何十回も読んでいる」

……と、そんな絵本の出版社名をみると、福音館書店だったのです。

うちにある福音館書店の絵本たち。息子の一番のお気に入りは「ねないこだれだ」

つい先日も、息子が通う保育園の父母会から、毎月1冊絵本が届く「福音館書店こどものとも 年間購読のお知らせ」をいただき、「こどものとも年少版 2〜4歳向け」の申し込みをしたところです。

ちなみに「こどものとも」とは、福音館書店の月刊絵本のことです。「こどものとも」と「かがくのとも」のふたつがあり、0歳から6歳向けまで全6種類で展開しています。これらは表紙がハードカバーではないので1冊あたり420円と、一般的な絵本と比べてリーズナブルとなっています。

福音館書店「こどものとも」「かがくのとも」

さて、そんな福音館書店が、「こどものとも」創刊60周年を記念して、東京・二子玉川にてイベントを開催しているのです。

ちょうど二子玉川で予定があったので、ちょっと覗いてきました。

福音館書店「絵本とおともだち」イベントレポート

玉川髙島屋ショッピングセンター 外観

イベントの会場は、二子玉川駅を出て、左手すぐにある「玉川髙島屋ショッピングセンター」。イベントの開催は正面の本館を通り抜けた隣の建物・西館で行われています。

 

玉川髙島屋案内図

本館1Fの化粧品売り場を抜けて行くとスムーズです。

 

玉川髙島屋ショッピングセンター 本館から西館へ

左が西館、右が本館。

 

玉川髙島屋 西館 アリーナホール

ここが開催場所の、西館1Fのアリーナホール。

 

だるまちゃん(福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち)

かこさとしさんの、だるまちゃんだ! 身長は88.8cmなんだって。

 

ぐりとぐらのたまご(福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち)

中川李枝子さん、山脇百合子さんのぐりとぐらに出てくる、たまごの車だ! このたまごの中に入って、ぐりとぐら気分で写真を撮ることができます。

 

じぷた(福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち)

渡辺茂男さん、山本忠敬さんによる「しょうぼうじどうしゃじぷた」のじぷただ! かっこいい!!

ちなみにこのじぷたは、実物大を再現した車両なんだそうです。

 

ねないこだれだ(福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち)

物販コーナーでは、絵本をモチーフにしたTシャツ、靴下、ぬいぐるみ、文房具など様々なグッズが並んでいます。そして福音館書店の代表的な絵本も数十点もずらりと並び、購入することができます。

 

インスタグラム(福音館書店『こどものとも』創刊60周年記念 絵本とおともだち)

実は、会場内はほとんど撮影禁止なのです。しかし、上記の「だるまちゃん」「ぐりとぐら」「しょうぼうじどうしゃじぷた」など一部は撮影OKとなっていて、抽選でプレゼントがもらえるインスタグラムのハッシュタグ・キャンペーンも展開しています。ハッシュタグは「#絵本とおともだち」と「#玉川高島屋sc 」です。

ひとことで言えば「絵本ミュージアム」

チラシ「絵本とおともだち」

写真がないので、会場の規模感はイメージしにくいかと思いますが、中規模美術館並みのスペースと展示がありました。はっきり言って、めちゃくちゃ面白くて、めちゃくちゃ興奮させられます。

後日、改めて息子を連れて家族でかならず行きます!

会場にいた大人も子供も「わーっ、懐かしい」「じぷただ!」「たろうだ!」など、いろんな声がポンポン上がっていました。

ママやパパ、保育園や幼稚園の先生がいつも読み聞かせてくれる絵本の世界が、目の前に広がっているのです。すごく夢のある空間でしたよ。

連休中は混むのかなぁ。でも、本当にオススメです。親子でぜひ!

【イベント開催概要】絵本とおともだち

福音館書店「こどものとも」
創刊60周年記念
絵本とおともだち

「二子玉川駅」改札にて

■日程
4月28日(金) から 5月7日(日) まで

■時間
10:00~19:00
※最終日は17:00まで
※入場は閉場の30分前まで

■入場料金
無料

■場所
玉川高島屋S・C アレーナホール [西館1F]
東京都世田谷区玉川3-17-1

■最寄駅
東急田園都市線/東急大井町線「二子玉川駅」

絵本作家さんのトークショーやライブペイントも!

絵本作家さんと会えるイベントも予定されています。トークショーやサイン会、さらにはライブペイントまで!

4月29日の「なかのひろたかさん」と、5月5日の「西内ミナミさん」のイベントに関しては整理券が必要と公式サイトに記載されています。参加したい方は、ぜひお早めに。

個人的には、4月30日の「きくちちきさん」のライブペインティングがめっちゃ見たいな!

■4月29日(土・祝)13:00~ なかのひろたかさん

『ぞうくんのさんぽ』でおなじみの絵本作家 なかのひろたかさん
トークショー&サイン会

場所:本館1Fグランパティオ

サイン会のご参加には整理券が必要です。整理券は、イベント当日、西館1Fアレーナホール絵本とおともだち会場の販売コーナーにてなかのひろたかさんの絵本をお買上げの方先着30名様に配布いたします。(玉川高島屋S・Cより引用。詳しくは公式サイトにて

■4月30日(日)13:00~ きくちちきさん

『もじもじこぶくん』などの絵本作家・画家 きくちちきさん
ライブペインティング
場所:西館1Fアレーナホール 絵本とおともだち会場内

大きな画用紙にきくちちきさんがライブで絵を描くところをご覧いただけます。(玉川高島屋S・Cより引用。詳しくは公式サイトにて

■5月5日(金・祝)13:00~ 西内ミナミさん

『ぐるんぱのようちえん』でおなじみの作者 西内ミナミさん
トークショー&サイン会

場所:本館1Fグランパティオ

サイン会のご参加には整理券が必要です。整理券は、イベント当日、西館1Fアレーナホール絵本とおともだち会場の販売コーナーにて西内ミナミさんの絵本をお買上げの方先着30名様に配布いたします。(玉川高島屋S・Cより引用。詳しくは公式サイトにて

読み聞かせイベント、ワークショップなど、企画も盛りだくさん!

玉川髙島屋ショッピングセンター GW中のイベント案内ポスター

この他にも、

  • 絵本読み聞かせ
  • 多言語による読み聞かせ
  • 本を開かずに読む、昔話の素話会
  • 絵本を題材とした簡単工作
  • 「ぐりとぐら」のワークショップ
  • バッグやTシャツをつくる、絵本とおともだちプリント工房
  • プレゼントがもらえるスタンプラリー

……など、企画が目白押しです。

イベントについての詳しい情報は、玉川髙島屋S・C公式サイトをご覧ください。

■関連リンク
玉川高島屋ショッピングセンター:イベント「絵本とおともだち」

■パパやる関連記事
ぐりとぐらのたまごの車に乗って来たよ! 玉川高島屋で開催の「絵本とおともだち」

毎月発刊の絵本「こどものとも」シリーズが創刊60周年。福音館書店が思い出が検索できるアーカイブサイトをオープン毎月発刊の絵本「こどものとも」シリーズが創刊60周年。福音館書店が思い出が検索できるアーカイブサイトをオープン