コカ・コーラの砂糖の量を煮詰めて調査。ZEROとの違いに衝撃!

コカ・コーラと、コカ・コーラZEROは、どれくらい砂糖含有量に差があるのか?「そんなもんラベルの成分表を見ればわかるだろ」と思われますが、実はコカ・コーラの成分表には糖類の記載はありません。

コカ・コーラ成分表
日本コカ・コーラ公式サイトより

どういう事なのかと調べてみると、サイト内の「お客様相談室 > よくあるご質問」に、このように書かれていました。

Q. コカ・コーラに糖分はどのくらい含まれていますか?

 A. 糖分の量を『炭水化物(糖質+食物繊維)』の数値でご案内しています。コカ・コーラには、100mlあたり11.3g 含まれています。”

なんだか良くわかりませんね。ちなみにコカ・コーラZEROの成分表には、ちゃんと「糖類 0g」と明記されています。おいっ!笑 コカ・コーラはちょっとヤバ過ぎて、うまくごまかしている印象です。

コカ・コーラを煮詰めて、砂糖の量を調べてみました。

海外の方なのですが、コカ・コーラをフライパンで煮詰めるという実験をしていました。

141029_coca_cola_zero_suger_test_2

まずは、コカ・コーラから。

141029_coca_cola_zero_suger_test_4

このように煮込んで水分を飛ばしてゆきます。

141029_coca_cola_zero_suger_test_3

比較する為に、コカ・コーラZEROを同じようにフライパンで熱します。

すると…、恐るべき結果がわかりました!衝撃の糖分量は、ぜひ動画を見てください。

僕は普段あまりコーラを飲まないのですが、たまに飲むとコカ・コーラもコカ・コーラZEROもそんなに変わらない印象です。しかし、コーラ好きの人に「全然違う。ZEROはコーラじゃない」と言われました。これって味の問題ではなくて、糖分の摂り過ぎによる中毒なんじゃないかと怖くなりました。

子どもに飲ませる場合は、この砂糖の量を知った上で検討した方が良さそうです。うちは子どもが大きくなったとき、コーラは飲ませないようにしようと思います。