父親と息子(3歳)が背比べ

親子で「気をつけ!」で、背比べをしてみました。

子供の成長具合は、親との比較写真を撮るとわかりやすくなります。全身を比較したり、パーツを比較したり。

まだまだチビだと思っていた息子の鼓太郎ですが、ふと気づけば身長1メートルの大台まであと1センチに迫っていました。もちろん小さくはあるのですが、生まれたときは両手に乗るサイズだったのが、たった3年少しでこの大きさです。

<出生時>
・身長 52.5cm
・体重 3.8kg

<現在>
・身長 99.0cm
・体重 17.5kg

身長はおよそ2倍で、体重はおよそ4.6倍になりました。特に体重の伸びがすごいですね。2リットルのペットボトル2本分が、8本分になったのですから。

スポンサーリンク

身長99cmのわが子に、想いを馳せる

最近、僕の周りにちょっとした出産ラッシュが起きています。

やっぱり乳児ってかわいいですね。か弱さが逆に「生きてるぞ!」ってパワーを発しているように感じますし、なによりミルクっぽい香りもたまりません。そして、生後数3〜4ヶ月頃になると、手足がムチムチし始め、ボンレスハムのようになります。あれもたまりませんね!

また、赤ちゃんは「きゃー、めっちゃかわいい」と言われる機会がよくあると思います。そのため、ひとりめの子供の場合、親は「なるほど、0歳が最高に可愛いんだな」と思う訳です。

でも、今だから言えます。

わが子は、生まれたときも、初めて寝返りをしたときも、よだれをだらだら垂らしているときも、歩きはじめたときも、初めてパパって言ってくれたときも、駄々をこねるようになったときも、絵本を読んでとせがむようになったときも、トイレトレーニング中でパンツにうんちをしたときも、変顔をして笑わせるのが好きになったときも……。

いつでも、ずーっと可愛いのです。

3年9か月を振り返ってみて、「いつが一番可愛かった?」と聞かれても、全部可愛いとしか答えようがありません。いつだって『今が最高に可愛い』と思いながら、ここまで来たのです。毎日のことなのに、保育園のお迎えにいくときは、「もうすぐ会える」とテンションがあがり早歩きになります。

だから新米ママパパは安心してください。今だけじゃなく、ずっと可愛いですから!

息子が父親に抱っこ

息子へ、身長1メートルになってもよろしくな。