4月1日生まれが早生まれの理由。出生日の変更は出来る?

学校は4月1日からなのに、4月1日生まれは早生まれの分類に入ります。

それは一体何故なんでしょうか?
その答えは、3つの法律「学教法」「教育基本法」「民放」を組み合わせることでわかります。

4月1日生まれが、早生まれの理由。

小学校は、4月1日からはじまります。

この事は、学教法の第三節「学年及び授業日」の第五十九条 に、『小学校の学年は、四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる』と規定されています。

これは皆さん知っての通りですよね。

小学校に入学できるのは満6歳からです。

この事は、学校教育法の第二章「義務教育」の第十七条に、『保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う』と規定されています。

これも皆さん経験してきた通り、6歳からです。

では「満6歳に達する日」とはいつなのでしょうか?

この事は、民放の第6章期間の計算」の第143条に、『起算日に応当する日の前日に満了する』と暦の計算方法が規定されています。

これはちょっと難しいのですが、前日が終了する瞬間に一つ歳を取ることになります。具体的には、4月1日が誕生日の場合、前日の3月31日が終了する時(午後12時 / 24時)に歳を取ります。ですので、4月1日生まれは、3月31日が終わる瞬間に満6歳になり、早生まれに入る訳です。

病院に頼めば4月2日に変更してもらえる?

そんな事は出来ないようです。

ネットで「4月1日 出産」と検索すると、事例、相談、体験談などが沢山ヒットします。それらを見た感じでは、まず出産日の変更は無理なようです。なぜなら、病院が虚偽の証明書を発行することになるからです。

ただ、昔は「あとにしたいから4月1日を2日に」「早く卒業させたいから4月2日を1日に」といった変更があったような事が書かれていました。今はそんなことはなく、この世に誕生した日を素直に受け入れるのが一般的なようです。

早生まれ?得生まれ?

余談ですが、昔は「早生まれ」のことを「得生まれ」という人が大勢いました。昔は、「早く卒業して働ける(義務教育を終えて社会人になれる)」など、メリットに考えている方が多かったんでしょうね。