雨の日の保育園。長靴をはいて、カッパを着て、歩いて登園できるようになりました

雨の日の保育園。長靴をはいて、カッパを着て、歩いて登園できるようになりました

日本の梅雨は、沖縄、奄美が5月中旬に一番乗りで梅雨入りし、続いて6月上旬に九州、四国、中国、近畿、東海、関東甲信、そして6月中旬に北陸、東北が梅雨入りします。

梅雨の期間は、1ヶ月から1ヶ月半。

沖縄、奄美は早くも梅雨明けして本格的な夏が訪れていていますが、それ以外の地域は、今まさに梅雨の真っ只中です。

ちなみに北海道には梅雨はありません。ちょっとうらやましいですね。

雨の日の保育園の送迎。自転車、ベビーカー、抱っこ紐、それとも車?

子供を保育園に通わせている親にとって、雨はほんとうに憂鬱。

なんといっても保育園のバッグ、仕事のバッグをかつぎながら、子供を濡らさないよう、登園・お迎えするのが大変だからです。

わが家は幸いにも、保育園まで徒歩で数分の距離にありますので、歩いて送迎しています。雨の日は、抱っこ紐に入れるか、片手で抱っこしたまま傘をさして気合で保育園へ向かうかのどちらかです。

が、しかし! ただいま2歳2ヶ月の息子は、カッパを着て長靴を履いて、歩いて保育園へ行けるようになったのです。

大きくなったなぁ、と息子の成長をしみじみ感じる朝でした。

カッパを着て、長靴を履いて、歩いて保育園へ登園。2歳2ヶ月
ママと一緒に、大好きなクレーンを見つめる鼓太郎

ちなみに、履いている黄色の長靴は、ご近所さんから頂いたおさがり。「孫が大きくなったので〜」ということで。子育てが始まってから、ご近所さん達ととても良い関係になりました。うれしいです。