子どもと過ごす連休・休日。お出かけ先や楽しい遊び総まとめ
ホーム タグ 教育

タグ: 教育

保育園の父母会(保護者会)、1歳児クラスを代表して役員になりました!

よそ者なので、地域の方と親しくできることに期待! 

さようなら、ムテ吉、ミーニャ、メーコブ。NHK「おかあさんといっしょ」のポコポッテイトが4月2日で終わる。

ぽていじまを舞台にした人形劇が終了し、次回からロボットたちが登場する「ガラピコぷ~」に。

NHK Eテレの幼児向け番組「いないいないばあっ!」が、お正月に20周年スペシャルを放送。歴代のお姉さんが声で総出演!

放送は1月2日午前9時半から。かなちゃん、りなちゃん、ふうかちゃん、ことちゃん、ゆうなちゃん、ゆきちゃんが人形劇と声で大集合!

子どもがサンタクロースを信じはじめるのは何歳? 3歳で存在を信じ、10歳で正体に気づく

朝起きたら枕元におもちゃが置いてありました。なんと息子のために、サンタさんがやってきたのです!

全国の売上を集計、人気絵本ランキング発表。3位「ふまんがあります」、2位「100万回生きたねこ」、1位は?

皆さんのお気に入りの絵本はなんですか? パパやる的ベスト絵本も発表。

渋谷ギャラリー大和田で「子どもの絵の展示会」。心惹かれた保育園5歳児と小2の作品。

少し前まで、子供の絵にさっぱり興味がありませんでした。しかし……。

1歳6ヶ月、はじめてのハロウィン。かぶりものや首飾りを手作りしましたよ。

コンビニでカラーコピー、段ボールに貼って、ハサミで切って……。制作費総額240円!

【ピークは22歳】今、高校の保健体育の授業で「女性が妊娠しやすい年齢」を教えています

早く産んだほうが良い、というのは伝わるんだろうけど……。

1歳3ヶ月の記念日に、クーピーペンシルとスケッチブックをプレゼント。買いながら泣きそうに……。

手が汚れないし、消しゴムで消せるし、全部が芯だし、なにより有害物質は規制値以下。誤食・誤飲をしてしまいがちな幼児にも安心!

いじめは、どうやって乗り越えるのか? SOSは喜怒哀楽を超えた緊急警報、絶望に追い込まないで

いじめっ子は、強い奴でも、すごい奴でもない。実は、とてもつまらない奴なんだ。

彼女や嫁よりも「ママ愛してる!」が当たり前の、不思議な国ジャマイカ。 #母の日

強面レゲエアーティストでさえも、恥ずかしげもなく「ママが大好きだ〜」と歌っています。

0歳から親子で楽しめる幼児向け英語の歌。保育園で習ったお気に入り3曲を紹介♪

両手を使って遊びながら歌います♪ 勉強というより親子遊び!

2015年、家庭科の教科書に家事・育児をするイクメン。夫婦役割の変化を、戦後から振り返る

昭和33年(1958年)の家庭科の教科書には、「家事労働の仕事は普通、主婦が中心となって行われている」と書かれていました。男女の枠割分担が明確に分けて教えられていたのです。

【体験レポート】0歳児から参加できる親子の英語教室「おうちdeえいごスタジオ」は月謝3,000円。東京・三軒茶屋にて。

英語で歌ったり遊んだり。0歳〜3歳児が集まっての英語教室。童心にかえって楽しかった〜!

TMイングリッシュアカデミー(英語の保育園)お別れ会。とても良い認可外保育園でした!

息子がお世話になった初めての保育園。0歳児から入園可能で、外国人の先生もいる英語が学べる認可外保育園です。

子どもの過失はどこまで親の責任か。監督責任について注目の裁判が、まもなく最高裁で判決。

小6の男子児童が、校庭で友だちとサッカー。ボールが学校のフェンス(1.2m)を越えて道路に飛び出してしまいました。そこをバイクで通りかかった85歳の男性が転倒。

赤ちゃんの手遊び「おつむてんてん」。生後10ヶ月、鼓太郎のマイブーム。

こんな事ができる赤ちゃん、これまで見たこと無い! わが子、ほんまかしこいわ〜。(笑)

理化学研究所が赤ちゃんの常識に待った!母親が子供に話しかける時、はっきりと発音していなかった。

定説「母親がはっきりと発音するから、赤ちゃんは言葉を覚える」。

赤ちゃんが生まれたら見ておきたい、NHK子供向け番組。おすすめ厳選12番組!

普段NHKを見ない人でも「子供が生まれてからずっとNHKばかり」という人は割と多いですね。

北海道の子供たちに悲報?いや朗報! 毎月第1、第3日曜日は「ノーゲーム・デー」に。

子供の時間と金を奪おうとたくらむ、ゲーム会社の思惑にハマらないように。

子供向けクレヨンロック。Murasakiさんが描いたボブ・マーリーがかっこよ過ぎる!

水彩画とも油絵とも違う、ラフで力強い風合い。クレヨン画らしく多色使いでドレッドヘアーを描き上げるのも素晴らしい。こんなボブ・マーリーは見た事がありません。

小4「ぼくがいるよ」が日本語大賞。涙なしには読めない、母親への愛情。

闘病生活を経て、変わってしまったお母さんを目にして…。